« 煩雑だからこそ簡潔にしたくなる | メイン | TwitterClock 其の弐 »

知識が欲しいのは何か作りたいからだよね?

結論から先に述べるとクリエイターはモノ作ってなんぼなので、作りたいモノのカテゴリごとに Tips を集積・共有する仕組みを用意してはどうかなという提案。


きっかけは、にとよんさんがまとめてくれた すごく楽しかった Flash 談義のログをまとめてみたよ のFlash談義です。
ちなみに一番盛り上がってる時にちょうど帰宅中で携帯からの参加だったため、あまり突っ込んだ発言ができずにすごく悔しい思いをしましたw


あれからいくらか動きがあったようで、Flashな国内ブログへのリンク集積だとか @fla の RSS な Pipes だとか、早速ノウハウ共有の第一歩といったところですが、ひとつ危惧しているのが集めたきりになってしまうこと。


ノウハウや知識はあくまでモノ作りのためということですね。
実際のモノ作りの現場を顧みると、Webに散らばっているノウハウは見たその場で使い物になったためしがほとんどなく、なんとなく必要に迫られた時には何処に書かれていたか思い出せずに慌ててググって探したりタグから参照するということがよくありました。
また、配布されているクラスライブラリについてもいきなり案件に組み込むものではなく、本当に使えるものなのか検討に検討を重ねた上で使ったり、一部だけが使えるのであればその部分だけ自作してしまうことが多々あります。


ということで最初に戻りますが、たとえば Flash でシューティングゲームを制作する際にはあのエントリの知識が必須であのエントリは見て置いて損はない、YouTubeクライアントを制作する際にはあのエントリとあのエントリが役に立つ、といった各製作過程における Tips を共有していけばビギナーからマニアまで幅広く役に立つと思うのですがどうでしょう?

やれることが多くなった分、必要な時に必要な知識だけを確実に取り出せないとひたすら時間に追われてしまいます。
みんな同じところで詰まったなんていう状況もよくあり、困って検索したらずっと前に同じところで詰まって書いた自分のブログが引っかかったなんていう笑い話も見たことがありましたw
タグで管理しようと思えばできることですが、必要な知識をブクマしてるとは限らない上にジャンルが多岐に渡るので、wikiなり使って一元管理したほうがよさそうです。


後で使えるかもしれないというより、後で使いたいという精神で。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/41

コメント

結局、こういうものは情報整理のコストをどうするか?という議論に落ち着くんですよね。
一番分かりやすい構図的には、Adobe がそういうインフラを提供してくれるのが一番手っ取り早いんですが、ちょっと望み薄ですね。
ASDocレベルに制作とドキュメント化作業が近づけるのが現実問題として、ベターな方法ですかね・・・。
Twitter は情報整理には向かないので @fla の役割は、隠れ FLASHer を発掘することかなと勝手に思っています。

確かにコストという問題がありますね。
そもそも wiki にしても、そういった情報整理を行うことはかなりボランティア精神が必要ですし。

隠れ FLASHer を発掘すると同時に、すでに @fla な人たちにも情報共有することをどんどん啓蒙していきたいですね。
ブログ持ってない人もいっぱいいる(^^;

コメントを投稿

あわせて読みたい