« AS1MovieClipクラスの問題点 | メイン | 煩雑だからこそ簡潔にしたくなる »

TwitterClock

Apolloの習作がてら、Twitterのタイムライン一覧をグラフィカルに表示するためのクライアントアプリ TwitterClock を作ってみました。(AIRになって互換性がなくなったので一旦公開終了)

友達のタイムラインをアナログ時計ライクに並べて表示します。

twitterclock.jpg


表示エリアのリサイズ・移動には Tweener を使いました。
最新20件という仕様上、友達が多いとほとんど一箇所に固まって表示されてしまいますが、拡大表示したいエリアをマウスで範囲選択することができます。
あまり拡大しすぎるとレイアウトが崩れるのでご注意をば。
また、シフトキー押しながらドラッグすることで画面全体をスクロールすることができます。

その他の機能として、各ユーザのタイムライン上で右クリックメニューからそのユーザのタイムライン一覧またはそのユーザの友達のタイムライン一覧に飛ぶことができます。
ユーザタイムラインを眺めていると、出社時間とか更新頻度とかその人の一日が見えてきて楽しいですが、負荷対策とはいえ20件しか拾えないのが惜しい。

最初に友達リストだけ拾ってきて、全員のユーザタイムライン拾ってくれば賑やかになるんだけどさすがにやばそうだから自粛中。


[関連エントリ]
TwitterClock其の弐
TwitterClockバージョンアップ

--追記--
自分も含めほとんどのユーザは友達のタイムラインがほとんど一箇所に固まってしまうため、いっそ思い切ってユーザ単位のタイムラインに絞った方がいいかも。
そして、そのユーザの友達からランダムに飛んでいくボタンをつける、と。
むしろ一定時間でランダムにユーザを渡り歩いていく機能をつければ、スクリーンセーバーっぽくなるし悪くないですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/39

この一覧は、次のエントリーを参照しています: TwitterClock:

» TwitterClock 其の弐 from void element blog
公開時のエントリの追記でちょろっと書いた、ランダムジャンプ機能を付けました。 特... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

あわせて読みたい