« 知識が欲しいのは何か作りたいからだよね? | メイン | Twitterで盛り上がったAS3フレームワーク談義のログまとめ »

TwitterClock 其の弐

公開時のエントリの追記でちょろっと書いた、ランダムジャンプ機能を付けました。
特定のタイムラインを右クリックして Random Jump 項目を選ぶと、そのユーザの友達の中からランダムに選ばれたユーザのタイムラインを表示します。
それから、アカウント入力フォームにメールアドレスも通るようにしておきました。


ダウンロード(AIRになって互換性がなくなったので一旦公開終了)


以下、駄文&補足。
Twitter検索TwitterPodなど、便利なツール群はほぼ出揃っている感じでそんなところで勝負をかけるのはあまり意味がありません。

TwitterでのFlash談義でも「Flashらしさを心がけておけばなんとかなると思う。同じ土壌で勝負は避けるってことで。」と発言したのですが、ばりばりのFlasherはサーバサイド技術をはじめとしてコアな技術周りは不得手であったりすることが多いです。
その分、インタラクティブで刺激的な表現には普段から着目していることが多いので、そういったアイデアやノウハウを前面に押し出してやっていくのがFlasherとしての使命なのではと考えています。


ということで、ちょっと言い訳くさいですが利便性には劣っているのは作った本人が一番自覚しています。
アナログ時計ライクにタイムラインを配置する時点で重なって読めないなんてのは自明なので、ひとりひとりのタイムライン配置パターンから何か読み取れたら面白いかな、程度のアプリってことでひとつよろしくお願いします。
ちなみに60秒ごとにオートリロードに設定してありますが、ランダムジャンプで飛んでいた場合はオートランダムジャンプが発動するので、一度ジャンプした後は放置しておくとどんどん渡り歩いていきます。


--今後の予定--
ソース公開する
・午前と午後の区別くらいは色か何かで識別できるようにしたい
・友達を登録していないユーザに飛んだらそこで終わってしまうのをどうにかする

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/42

この一覧は、次のエントリーを参照しています: TwitterClock 其の弐:

» TwitterClockバージョンアップ from void element blog
TwitterClockをバージョンアップしました。 ダウンロード [変更点] ... [詳しくはこちら]

コメントを投稿

あわせて読みたい