« ガーベジコレクション発動!? | メイン | 駆け引き大好き扉の外 »

コード品評会もどき

先日 taka@nium さんとメッセで以下略もとい参照といった具合で、Taka@fladdictさんtaka@niumさんyossy@beinteractiveさんと4人でas勉強会を行いました。

これまで参加した勉強会や、Twitterでの発言、身近な友達との会話でもよくあったことなのですが、どうにも他人に発破をかけるのが大好きなようです自分。
今回も散々発破かけまくりました。。。でもほんと期待の裏返しなんですよ!
そうすることで自分のモチベーションアップにも繋がるしー

僕が発表したのはちょっとしたJSFLと現在開発中のBulletMLエディタです。

JSFLは端的に言うとFlashIDEでの手作業を全て再現できるプログラムで、あーこの作業うざいなあと思ったら作るとあら便利なものです。
便利さの割に国内での認知度があまりに低いので、Snippetsで一発集めてしまうのもよさそうですね。
チケットが全く増えてないけどw

BulletMLエディタはずいぶん前に個人サイトで公開していたものなんですが、投稿機能を付けたのとデザインやコードに若干手を入れています。
ほんとは全部as3で作りたかったんですが、母体があまりにas1だったのでエディタ部分だけas1で組んで、実際に弾幕がほとばしるプレビューだけas3で作っています。
今は壮大にバグが発生しているのでそれが取れたら公開予定。


なんだかんだいって楽しかったけれど、やりたかったソースコード品評会ができなかったのが残念でした。
ソースコードであーだこーだいうには、完成品を持ってきてはいけないなというのが今日得られた教訓w
開発中あるいはお蔵入りになった未完成品なら、他人のソースコードに口出ししやすいし口出しされたい。
もしくはちょっとしたお題を用意して参加者全員が同じものを作り、そのソースコードを比較するというのもよさそうなので、次回は是非やってみたいなと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/58

コメント

お疲れさまでした~。

まぁ、ぐだぐだでも最初は場を作ること自体に意味がある!と信じて進みましょうw

チケットは名前よくないですよね。
僕もチケットを理解するまでかなり名前の先入観に翻弄されました。
単純にリクエストのが分かりやすいと思うんですが、ローカライズのジレンマなんですかね。

>taka:niumさん
そうですね、ぐだぐだの方が自分の中で実りがある場合もあるくらいですから。

チケットについては名前の問題以上にそういう場がなかったので
及び腰になってるところもありそうです。

コメントを投稿

あわせて読みたい