« Adobe EDGE | メイン | EachTransformer公開 »

自動宣言と手動宣言のコンフリクト

バッドノウハウ気味ですが誰も書いてないようなので、後続の人たちのためにもそろそろ書いておきます。


FlashCS3でスクリプトを外部asで書く人は必ずステージのインスタンスを自動宣言のチェックを外しましょう。
このチェックはパブリッシュ設定のActionScript3.0設定のところにあります。


オーサリングツール上でテキストやムービークリップを配置しておくとスクリプトで addChild する必要がなくなりますが、それ以外に何らかの制御をas側で行うには必ず宣言しておく必要があります。
ですが、上記のチェックを外し忘れているとas側で宣言しているにも関わらずFlashCS3側で勝手にフレームに宣言文を挿入するようで、コンフリクトが発生してコンパイルエラーから抜けられません。


これってどこにも説明がないので微妙にスクリプトかじり始めた人にはかなり危険な罠っぽい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/62

コメント

あーそれかなり悩みましたよ。
やっぱみんなつっかえるんですねー。

>Takaさん
同じところで詰まった人、どれだけいるのかアンケートとってみたいw

はい!
ここにも詰まった人いますw

「ステージのインスタンスを自動宣言」の項目は知ってましたが、それが何を意味しているのか?がサッパリで分かりませんでした・・・。

自分もついさっきまではまってました・・・w
はまってやっとで「ステージのインスタンスの自動宣言」の意味を理解しました。

半年ぐらいドハマりしてました。今日、この項目の意味が分かりました。
もーAdobe全オプションとメニュー項目の意味ぐらいヘルプに書いてくれよー。

コメントを投稿

あわせて読みたい