« EachTransformer公開 | メイン | 弾幕をシューティングしようぜ »

as3に対する期待と現実のギャップ感

Flashゲームプログラミング講座 For ActionScript3.0が相当数はてブられているのを見て、前々から思っていた疑問に近い違和感。


actionscript3.0(as3)でFlashゲームを作りたいって思ってる人はめちゃくちゃ多そうなのに、肝心のゲームが一向に出てこない。


as3になって敷居が高くなったのは確かなんだけど、それにしてはあまりに少なくないかと。
2~3年前のFlash全盛期の頃はそれはもう毎日といっていいほどFlashゲームが量産されていたのに、as3で作られたFlashゲームはここ1年を通しても数えるほど。


作法も似ているのでJavaな人がFlashに参入してくるとは思っていたけど、どうも業務アプリ方面ばかりでゲーム方面にはさっぱりな感じ。
そもそもゲームだと描画負荷がボトルネックになるので、as3の恩恵があまり預かれないような気がします。
ただFlashゲーム作るだけならas3じゃなくても作れるわけで、じゃあなんでas3のゲームプログラミング講座があんなにウケてるんだ?となんだかもどかしい感じです。

CS3が出たので多少状況は変わるかなあ。
 
 
もひとつ気になっていること。
主にFlashでwebサイト制作している人の中で「実はゲームが作りたいんだ」なんて思ってる人がどれくらいいるのか。
これは色んな人をつかまえて是非聞いてみたい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/64

コメント

Flashゲームプログラミング講座 For ActionScript3.0がブックマークされているのは、単にAS3の(まだ数少ない日本語の)リファレンス、チュートリアルとしてブックマークされているんだと思います。ゲームが作りたくてブクマしてる、という訳では無い気がします。
かくいう僕もそうです。

これがAS2のゲーム講座だったら意味が違ってくると思いますけどね。

>主にFlashでwebサイト制作している人の中で「実はゲームが作りたいんだ」なんて思ってる人がどれくらいいるのか。
実は僕はゲームが作りたいですw
けど、基本的なとこが出来ていないので、まだ勉強中です。
でも、いざ本気でゲームを作るとなったとき、Flashで作るかどうかは微妙だと思いますね。

確かに日本語のas3チュートリアルとしてブクマされてるように思えますが、それはそれでas3に興味があるけど難しすぎて作品に落とし込めないという現象を如実に表しているような気がしますね。

そもそも、まだゲームプログラミング講座になってないようなw


確かに本気で作ろうとするとスペック不足が否めませんが、ブラウザだけでプレイできるメリットを捨てるほどのものを作れるかどうかも考えに入れた方がいいんじゃないかなとは思います。

コメントを投稿

あわせて読みたい