« as3に対する期待と現実のギャップ感 | メイン | GUIはユーザビリティが命 »

弾幕をシューティングしようぜ

なんだかそろそろ表に出してしまわないと踏ん切りがつかないというか、いつまでたっても開発中になってしまうので公開してしまいます。
ヘルプも何もないけれど、後は野となれ山となれ。

弾幕ギャラリー


ギャラリーとは名ばかりで、その実はエディタです。
エディタ大好き。
GUI作るの楽しい。


弾幕データはBulletMLで定義しています。
実はずっと前にシミュレータとして作ったものの焼き直しだったり。
もっと誰でも簡単に使えるようなオモチャ風味にしてみたいところです。


無限ループなど不正データを除外するため投稿時に一度プレビューする仕組みをとっていますが、プレビュー中に弾幕を撮影することができます。
そんでもって、ここで撮影した画像がギャラリーに並びます。
これがほんとの弾幕シューティング、なんちゃって。


何気に一番苦労したのはギャラリーの写真の並び替えかもしれない。
リキッドレイアウトばんざい。
こんなところで使わずに、新しくとったドメインのTOPに採用すればよかったかもと微妙に後悔。


ちなみにプレビュー用のFlashだけActionScript3.0で記述しました。
でも計算速度よりも描画速度がネックなのは相変わらず。


[07/10 23:55 追記]
セキュリティサンドボックスに引っかかって投稿できない状態でした・・・今ものすごい勢いで後悔orz
修正したのでバンバン移植とかオリジナルとかばっちこーい!

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/65

コメントを投稿

あわせて読みたい