« 弾幕スクリーンセーバー公開 | メイン | 配置済みインスタンスの宣言文を名前空間で分かりやすくする »

ニコニコ市場によってもたらされる違法行為の正当化

ニコニコ市場がにわかに盛んになってる一方で、ちょっと気になっていること。

購入した人の数という目に見える宣伝効果によって、動画の違法アップロードを正当化する人が
一気に増えそう。
それもやたら自信に満ち溢れて。

 
これまでは直接数値としてみることはできなくて、コメントで「今すぐ買いに行く」といったほとんど冗談まじりな感想からしか推測できなかったため

 
・私の作品を見て本家に興味を持った人が番組を見るようになるかもしれない
・私の作品を見て自分でも作りたいと思った人がDVDを買うかもしれない
・売り上げに少しは貢献しているかもしれないから見逃して
 

という、確実にそういう人はいるんだろうけどそれを証明できないが故に説得力が弱かった意見を言い訳にして、違法なアップロードを繰り返す人が多かったと思います。
それがニコニコ市場の登場によって一気に飛び越えて

 
・私の作品を見て関連商品が○○個売れた
・売り上げに貢献してるんだから、やってることは悪くない
 

といった感じで、違法行為に対する言い訳に妙な自信をもってしまう人が増えてくるんじゃないかと。
それが昂じて売り上げ貢献レースにならないか、ニコ動の中の人の管理手腕にかかってきそうです。


迷いがある内はバランスが取れているというのはよくある話。
それがちゃんと解決されない内に状況が変化する中で強引に断ち切られてしまうと暴走が引き起こされるんじゃないか、とちょっと懸念しています。


購入キャンセル率がまだ分からないのが救いですかね・・・場合によっては公表しない方がいいのかも。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/70

コメント

初めてコメントさせていただきます。興味深く読ませていただきました。

個人的にはニコニコ動画は「一線を越えつつあるな」という感じを持ってます。利益を追求するためにやたら「有料会員」「プレミアム」を強調しているようですが、利益が出たら出たでいわゆる「著作権者」達からのプレッシャーも猛烈なものになると思われます。結局のところ「違法行為はペイしない」という結論に行き着くのではないでしょうか、割と早い時期に。

>mattariさん
確かにそろそろ一線を越えつつありますね。
盛り上がり→黒動画に対する著作権管理団体からの圧力→いわゆる神職人の減少→微妙な盛り下がりといった流れが、草の根FLASH衰退の流れとそっくりなので未来がなんとなく予見できそうな。

コメントを投稿

あわせて読みたい