« ドキッ!変態だらけのActionScript的超絶技巧発表会 | メイン | ActionScript 3.0 でラベリング (改)を勝手に添削 »

あーだこーだ考えるよりライブコーディング

こんなのエントリにする意味があるかどうかよく分からないのですが、先日のActionScript的超絶技巧発表会でライブコーディングもどきをやりました。

実はメンバーが全員揃ってさあ始めようというところで「順番どうする?」なんて単純かつ深刻な問題が発生したのですが、さすがに超絶技巧と謳ってるだけあるのか発表する順番によってかなりプレッシャーが生じるわけです。

そんなわけで思いつきで
「じゃあ、順番決めるactionscriptこの場で書こうぜ」
なんて言ってみたわけですが、言いだしっぺなのでとりあえず速度重視でas1で書いて、そのままそれで順番決める羽目になりましたwww

半ば飛び入り参加だった muraken さんがトップバッターを名乗り出たので、残り7人の順番をプログラムに決めさせた結果 swfassist なんていうとんでもない発表が2番目に来てしまい、自分も含め後に続く人たちみんな超絶プレッシャーだったと思いますwww
なんとなくごめんなさいorz


ちなみにその時書いたコードは以下に(さすがに2分とかからなかった気がする)
無意味にprototypeメソッド定義してるのは日頃のクセでございます。

arr = ["nitoyon", "zk33", "tera", "fladdict", "munegon", "beinteractive", "saqoosha"];

Array.prototype.shuffle = function(){
var len = this.length;
var n;
var temp;

for ( var i = 0; i < len; ++i ) {
n = i + random( len - i );
temp = this[ n ];
this[ n ] = this[ i ];
this[ i ] = temp;
}
}

arr.shuffle();
arr.unshift("muraken");
trace( arr.join("\n") );

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/94

コメントを投稿

あわせて読みたい