« 初音ミクが3dでティウンティウン | メイン | Twitter弾幕シューティング「Bulletter」作った »

ドメイン名レベルで日本語を誤用しちゃってるサイトを発見した

flashサイトめぐりしていたら omonbakaru.com なんていうサイトに飛んだわけですが、その時点で違和感というか普通におかしいだろっていう疑問にぶち当たりました。

慮る の読みは おもんばかる じゃなくて おもんぱかる でしょ?

omonbakaru.com ではなく omonpakaru.com にすべき。
検索したら見事にドメイン空いてるし。。。あえて誤用してるのかと思いきや、そんな説明はどこにもない。
ドメイン取れなかったから代用したってわけじゃなくて、どうやら素で間違えた上にそれを指摘する人が周りに誰もいなかったものと推察してみた。


ためしにググってみたら
おもんばかる の検索結果 約 8,650 件
おもんぱかる の検索結果 約 9,010 件


言葉というものは変わっていくものなんだなあと改めて実感しました。
「誤用だ!誤用だ!」と喚き立てるつもりはないのですが、さすがにまだ浸透しきっていないものをドメイン名レベルで間違えるのはよくありません。
リクルートメディアコミュニケーションズの2009年新卒採用情報サイトらしい……うーん。


ところで「おもんぱかる」ってどれくらい知られてるんだろ?
半濁音が入る訓読みの漢字って確かこれしかなかったはずだから、この先おそらく消えて行くであろうと思うとどこかちょっと忍びない。


[12/11 16:30 追記]
ちょwwwドメイン取られてるwww
whois 見る限りでは国内の愉快犯な個人くさいけど。。。あーあ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/107

コメントを投稿

あわせて読みたい