« 煩悩の鐘 | メイン | Colin MoockとActionScriptな人々 »

一番集中できる状態

社会人にとって一番集中できる状態は、学生時代にどういう状況で受験勉強していたかに依存しているのではないかという仮説を提唱してみます。


家で勉強していた人はやっぱり家。
塾に通っていた人は会社。
図書室で勉強していた人は図書館。


放課後タイプ。
徹夜タイプ。
早朝タイプ。


音楽を聴きながら勉強していた人は、音楽が流れていないと逆に落ち着かない。
コーヒー飲みながら勉強していた人は、何か飲みながらじゃないと逆に落ち着かない。
いや、これ自分のことなんですけどね。

ウェブサーフィンしながら勉強していた人は、、、どうなんでしょ。
受験に失敗する確率高そうだし。
そもそも合格した年の受験勉強の状況が前提ということでひとつ。

あまり説得力ないけどー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/115

コメントを投稿

あわせて読みたい