« 「こくばん.in」を運営している立場として「うごメモはてな」を本気で心配してみる | メイン | inドメインでFlashメインのwebサービスを立ち上げてはいけないたった一つの理由 »

今年を振り返って

昨年も同様のエントリを書いたのですが、今年は明らかにペースダウンしていますorz

良くも悪くも「こくばん.in」のせいなのですが、webサービスをリリースする時は運営に時間を取られるということを覚悟しなくちゃいけません。
時間を惜しんで放置すれば寂れるか荒れるかのどちらかなので、そのリスクも承知の上で。

サーバサイドの技術面や運営ノウハウなど得られたものは大きかったので、楽しんでやれただけでも良かったと思います。
逆にFlashの最新技術に関しては若干出遅れた感があるので今から巻き返しを図るべきか非常に悩みどころ。


昨年宣言した「少なくともひとつくらいは、自分で使い続けたいと思えるサービスを作りたい。」というのは達成できたものの、今思い返すとかなり重要でした。
昔から絵描きに対するコンプレックスがかなり強く、なんだか楽しそうなお絵描きサービスが出てもすぐに逃げ出してしまうことが多かったので、そんな自分でもなんとか楽しめそうなチューニングを施したのが上手く働いたのかなと思います。
もちろんそれだけではありませんが、自分で使おうと思わないサービスの運営なんてきっと長続きしないですよーと。




今年作ったもの

ゲーム
バレンタインの惨劇!?

AIRアプリ
AIRSlash

WEBサービス
煩悩の鐘
召喚呪文メーカー
こくばん.in

SparkProjectにコミットしたもの
ASDeferred
Chain
ICODecoder
Flagment




来年の抱負

法人設立した以上は一定の収益を目指したい。
といっても儲け優先でユーザないがしろなサービスにはしたくない。
ユーザのことばかり見すぎてサービスが終了しては本末転倒。
このあたりのバランス感覚を養いつつ、もっと面白くしていきたいと考えています。

全く違った新しいサービスを開発できればなんて思ったりもするわけですが、なかなかそう簡単にはいかないでしょうね・・・今やりたいことも割と山積みなので、それが全部達成できたら次のステップを考えてみたいと思います。

ぶっちゃけ育児が一番大変。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/142

コメントを投稿

あわせて読みたい