« 指先ツール | メイン | 今年を振り返って »

「こくばん.in」を運営している立場として「うごメモはてな」を本気で心配してみる

任天堂とはてなが提携して「うごメモはてな」が発表されましたが、老若男女問わず不特定多数が参加するお絵描き投稿の場というのは思った以上に混沌とすることが予測されます。

「こくばん.in」ではユーザ数こそ圧倒的に劣るものの利用年齢層がDSiの購入層と近いと考えているので、過去に起こった事例に当てはめて「うごメモはてな」で発生しうる事態を挙げてみます。

 1.通報するはてな市民のモチベーション低下
 2.不特定多数とピクトチャットができる
 3.アニメーションを利用した不適切な投稿の隠蔽
 4.他人の作品に書き足すことによる弊害
 5.悪質なユーザを遮断できない
 6.狙い撃ち通報
 7.通報が追いつかない

あくまで一部ですが、事例も含め共有しておいた方がいいと思ったので簡単ですがまとめてみました。
いずれも起こらないことに超したことはありません。


1.通報するはてな市民のモチベーション低下

まず、はてな市民による通報システムが発表されていますが、このままでは上手く機能しないのではないかと思います。
というのも、らくがきに等しい作品の中からさらに公開に値しない作品を探して通報するという作業は正直相当きついからです。
極端な例を挙げると、サムネイル一覧がうんこだらけになったとしてそれでも通報し続けたいかと。
しかも手書きによる中傷や暴言が投稿されるようになると、自分宛でないと分かっていても大量に処理している中で少しずつ心が病んでいきます。
手書きは温かみがある一方で冷たさも孕んでいる、ということです。
万が一DSi側にそういった投稿が流れた時の影響は計り知れません。

ちゃんとした通報をしたユーザに見返りとしてはてなポイントを付与するようなシステムであれば、はてな市民もこぞって参加すると思いますが、メリットもなしにストレスばかり溜まる作業を続けるためにはサービス開発者並の愛情が必要です。
(とはいえ、自作自演が容易なためポイント付与は難しいと思います)


2.不特定多数とピクトチャットができる

「うごメモはてな」には投稿がすぐに反映されることを知ったユーザがとりうる行動のひとつとして、新着一覧を利用したチャットが考えられます。
DSiはあくまで投稿のためのインターフェースでPCは閲覧専用、そういった使い分けをわざわざ行ってまでチャットをするユーザがいずれは現れます。
「女の子いる?」とか「誰かチャットしようぜ」とか、どこかにいる誰かとやりとりできる公開ピクトチャットの場が無料で開放されたとあれば、子どもユーザが大量流入する可能性は低くありません。
少なくとも投稿後即時反映される(であろう)今の仕様では避けられないと思います。

今年の春休みにそれで「こくばん.in」が大変なことになりました。
文字を書くことが不便なマウスユーザがほとんどなのに、それでも文字投稿が溢れかえったことで絵を描いていた大人ユーザが一斉に去っていきました・・・想定外だったので対応が遅れたのが悔やまれますが。
最初から液晶ペンタブレット並にすらすら書けるDSiで投稿できるとなると、一度火がついてしまったら止められない気がしています。


3.アニメーションを利用した不適切な投稿の隠蔽

こちらも同じく一時期大量発生したのですが、サムネイルに痕跡が残るとすぐに削除されることを学習してリプレイの中にチャット文章を織り交ぜつつ、最後に塗りつぶしたりちょっとした絵を描くことで削除を逃れようとするずる賢いユーザが現れました。
さらにリアル友達同士がそれと分かるような合言葉イラスト(たとえば右下にネコの絵など)を共通で利用することで、削除されるまでの短い間にチャットを繰り返すといった行為も見られました。
管理する側にとってはなかなか判断がつかないので、どんなに稚拙なイラストであってもリプレイ全てを見る必要があり、かなり疲弊したことを覚えています。

うごくメモ帳だとわざわざ塗りつぶさなくても、次のコマとして書き足せばいいだけなので投稿側の労力は圧倒的に少なくなります。
こちらも一度発生してしまうと大変なことになりそうです。


4.他人の作品に書き足すことによる弊害

クオリティの高い作品でなおかつ創作者ロックがかけられていない作品は、ただのらくがき素材として無駄に消費され駄作が量産される可能性が非常に高くなります。
キャラクターであればヒゲを書き加えただけで投稿したり、ちょっとだけ色を塗ってみたり。
管理・通報する側にとっては同じサムネイルを何度も見かける羽目になるのでリプレイの手間も相まって、次第にモチベーションが下がります。

また、それが人気作品であればあるほどクオリティの高い書き足しも増えるため、通報にあたってかなり気を引き締める必要があります。
誤通報を検出するためのシステムが用意されていればいいのですが。


5.悪質なユーザを遮断できない

投稿元のDSiを識別するためのコードが投稿時に送信されているかどうか定かではありませんが、少なくともそれを利用した永続的なBANは任天堂のポリシーとして行わないのではないでしょうか。
というのも、DSiを中古で入手する可能性があるからです。
購入してみたら何故か投稿できなかった、そんな事態を任天堂が許すはずがありません。
マンション等の共同回線からのアクセスを想定すると一時的なIPアドレス制限さえやらないのではないかなあと思います。


6.狙い撃ち通報(12/24追記)

嫉妬であればなおさらですが、上手い作品だけを狙い撃ちにした通報というものが必ず出てきます。
そういう通報をしたユーザをあぶり出す仕組みがあればいいのですが、そのためには通報済み作品をさらにチェックする人員が必要になります。
ただでさえ大量に投稿がくることが予想できるのに、わざわざ通報済みの作品を監視する人が果たしてどれくらいいるのか。
また、通報をスムーズに進めるために通報済み作品を新着一覧に表示しないようフィルタリングする仕組みが導入される可能性がありますが、そうすると誤通報も検出しづらくなります。

回避策としてたとえば3件通報されたら除外といった閾値を設ける必要が出てくるのですが、閾値を高くすればするほど通報漏れが出やすくなるというトレードオフがあるので、これまで行った通報の信頼度といった要素を導入しつつ信頼度の高いユーザからの通報は一発採用するといった形で通報精度をさらに高める仕組みが必要になるのではと思います。

掲載ガイドラインを読む限りでは、はてな側で通報済み作品をチェックする体制は整っているようです。
が、リプレイに隠された違反行為も含めて一件一件チェックするのは相当骨が折れそうです・・・それほど会員認証のないお絵描き投稿の場における子どもの投稿は侮れません。


7.通報が追いつかない(12/24追記)

そもそも「うごメモはてな」では1回の通報にかなり手間がかかります。
まず作品ページの右端にある「規約違反を通報」リンクをクリックし、通報ページでは違反種別をラジオボタンで選択&違反内容をテキストで入力、さらに確認画面を挟みます。
違反内容は必ずしも入力する必要はないようですが、違反種別の方はどれか選ばないと確認画面に飛べません。

リプレイして確認して初めて違反していると気づくようなものならまだしも、ぱっと見で分かるものまでこの手順を要求される状態では確実に疲れます・・・運営側ではもっと手軽なツールを用意しているのかもしれませんが、それなら投稿後5~10分までは運営側にしか見えない状態にしつつぱっと見アウトなものだけ除外し、そこから漏れたものを「うごメモはてな」に出す仕組みをとらないと正直厳しいと思います。
というかそうすれば、上記のチャット問題も全て解消されますね。

先日100万台を売り上げたというDSi、さらにこれからクリスマス+お正月という年末商戦。
仮に全ての投稿が適切なものであり通報時間が省略されるとしても、はてな市民でチェックしきれるのかどうか心配が残ります。
新着一覧では1ページあたり50件、ピークタイムだとおそらく1分もかからず流れていくと思うのですが・・・




こういった事態に伴うユーザサポートの負荷を懸念して、自社で抱えたくなかったというのが任天堂の本音だと思います。
はてなもおそらく想定しているとは思いますが、はてな市民による通報システムが上手くまわらなかった場合に自社で全投稿を監視するつもりがあるのかどうかが気になるところです。


今回の通報システムは確かに素晴らしいと思います。
ですが、それはあくまで不適切な投稿を見えなくするためだけのシステムであり、場の空気作りには寄与していません。
場を荒らす投稿や下品な投稿、そういったものを根本的に減らしていくためには誰かが啓蒙していく必要があり、はてな市民が率先していい空気を作っていけるかどうか、これから注目していきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://void.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/141

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 「こくばん.in」を運営している立場として「うごメモはてな」を本気で心配してみる:

» システムやサービスは毒では死なず、毒に対するアナフィラキシーショックで死ぬ from 脳内新聞(ソース版)
void element blog: 「こくばん.in」を運営している立場として「うごメモはてな」を本気で心配してみる 誰かがウンコを書いても不愉快なだ... [詳しくはこちら]

» 12月24日 今日のWEB担当者向けニュース拾い読み from WEBマーケティング ブログ
今年も残りわずか8日間。 年末には4,5年ぶりに旧友たちと会う約束もしていて結構... [詳しくはこちら]

» 【予告】はてなうごメモが面白すぎて DSi を購入してしまうかも from ラボブログ
スパイスラボ神部です。 DSi に触る機会があったので、早速「うごくメモ帳」を触らせてもらったのですが、面白すぎて DSi を購入してしまうかも知れませ... [詳しくはこちら]

» [はてな]うごメモのはじまりで、はてなは終わる。 from ahaten is not hatena
アンチはてなだと思われるのは心外なのではっきりさせておくけれど、私ははてなが好きだ。 はてな入りたい!とさえ思っている。はてなの力になりたいと思っている... [詳しくはこちら]

コメント

うごメモはてなを最初見たときに、「あ、こくばんin.だな」とおもいました。

でも正直、サービスとして優れているのはこくばんin.のほうだと思います。
いいコンテンツも揃っていると思います。

自信を持って運営してください。いい展開を期待しています。

2.不特定多数とピクトチャットができる

は間違っていると思います。
実際は、投稿後、DSI用のうごメモはてなでは、30分たたないと、反映されないようです。

>てかさん
そういっていただけると嬉しい限りですが、DSiという武器があまりに強力で
ユーザ数だけでも圧倒的に負けていますね(--;
こちらは場の空気で差別化を図っていきたいところです。


>DSiさん
DSi上ではそうなのですが、WEBでは即時反映なので
PCとDSiの二刀流という前提で書いています。

自分も最近、ちょっと見過ごせないことがありまして、うごメモに対する批判エントリを書いたのですが、うごメモでは既に指摘された通りの事態が起こっています。

「現在のうごメモ」に対するmungeonさんの意見が読みたいです。

コメントを投稿

あわせて読みたい