« 2009年02月 | メイン | 2010年03月 »

2009年07月06日

笹の葉さらさら短冊ゆらゆら

こくばん.inで短冊企画をやっています。

あなたの願い事かなえましょ 手書き短冊キャンペーン



本当に願いを叶えますよとユーザーへのちょっとしたサービスのつもりで始めたのですが、やけに回答率の高いアンケートみたいな感じで今一番求められている機能が浮き彫りになったという七夕ならぬたなぼた効果も。


それはさておき、短冊を笹に吊るすとその位置や量によって枝がしなるとか短冊をドラッグすると笹を揺らすことができるとか、一見無駄のように見えてその実かなり無駄なギミックを仕込んでみました。

まじめに計算すると枝の長さや角度などから根元に向かって位置を割り出していかなければならず重くなりそうだったので、似非な感じでやっています。
どうせ一度吊るした短冊の位置は変わらない上に枝のしなりはその重みによって発生しているだけなので、短冊を吊るしたポイントに対して重さパラメータを与え、根元に向かって重さパラメータを一定値で割り引きながら同様に加算することで笹全体にかかっている重力を擬似計算してしまいます。
枝の角度による調整まで考えると都度計算が必要になって重くなるのでここでは計算しません。

で、根元から描画する際に重さの分だけ枝を傾けたのが完成形。
IKちっくな計算は最初の一発のみです。


エンジニアなんかだと細かいところ気にすると思うんですが、大半のユーザーにとってはそれっぽく見えてなおかつ触って楽しければそれでいいと考えています。
むしろ下手に物理計算に頼ると不気味の谷に出くわすと思うんですが、このあたりどうなんですかね?