メイン

2007年09月13日

JSFLで塗りの回転ができない問題が若干解決

Flash のグラデーション拡張機能 GradationAssist をアップデート。
塗りの回転が数値指定できるようになりました。

GradationAssist

JSFLからは塗りの変形が反映されない仕様はどうしようもなかったので、塗られるシェイプの方を逆回転させて塗り直して元に戻すという逆転の発想ですw
シェイプの形によっては塗りがおかしくなるかもしれませんが、どこまで対応できるか分からないので自己責任でお使いください。
残念ながら、放射状グラデーションには対応していません。

詳しくはインスコ時に出てくるソースをご参照あれ。


関連エントリ:グラデーション拡張機能作ったよ

2007年08月21日

シンボルをボタン一発で環状に整列する

先日公開した整列拡張MXP「AlignAssist」に、選択したシンボル群を一発で環状(円形)に整列する機能を追加しました。
残念ながら FlashCS3 対応です。
ナウローディングのアニメシンボル作成などに使えるんじゃないでしょうか。

AlignAssist


整列の中心座標と半径、オフセット角度を指定できます。
アンドゥ時に変形点がズレる現象が起こりますが、きっとJSFLの仕様。。。


たとえばこれが

ボタン一発でこうなります

回転もつけられます

2007年08月16日

フィルタ拡張機能 TraceFilter を作ってみた

FlashのIDEで設定したフィルタを ActionScript で処理したくなった時に、わざわざパラメータを確認しながらコードを書くのが煩わしいので、ボタン一発でコードを生成する拡張を作りました。

TraceFilter

Flash8対応です。
デフォルト引数によって記述が省略するかどうかを選択可能にしてあります。

なお、カラー調整フィルタ(ColorMatrixFilter)については自前計算のため、フィルタに渡す matrix の値が誤差の範囲内ですが若干ズレます。


そして驚愕の事実。
コントラストのスライダーの値と matrix の値の相関がひどすぎる。
正と負で全く違う上、折れ線グラフかいてみたらガタガタグラフw
しょうがないので -100 から 100 までのコントラスト値に応じた matrix のパラメータを全てハードコーディングしましたw
というか、パブリッシュ時にどういう処理してるんだこれは・・・


グラデーション拡張でもパラメータの出力機能をおまけで付けてみましたが、他にもシンボルの変形マトリックスなど ActionScript として出力できたら便利そうなものがまだまだあるので、そのうち出力系としてひとつにまとめてみたいと思います。

2007年08月05日

整列拡張機能 AlignAssist を作ってみた

Flashで作業していて、整列パネルで並べなおす時に数値指定できたらいいなと思ったので勢いで作ってみた。

AlignAssist

FlashMX2004対応、使用方法は見たままです。
入力した数値に従って分布整列やスペース整列が可能となります。

ひとつ気になるのがJSFLによるシンボルの再配置や選択といった処理は1回につき1命令としてカウントされてしまうため、アンドゥ1発で元の状態に戻せないところです。
JSFLで行った処理をひとつひとつさかのぼってしまうのは今のところ避けられないので、試行錯誤するにはちょっと向いていないのかも。

2007年07月31日

グラデーション拡張機能作ったよ

グラデーションを等間隔にしたい時、マウスだとまず無理というかそんな微調整は誰もやりたくない&やらなくてもいいけどなんだか気になるっていうのがあるので、それならボタン一発で等間隔に配置できるような拡張を作ればいいじゃないかという流れで作りました。
特にコーダーな人にはうってつけなのでは。

GradationAssist

何気にFlashMX2004対応です。
機能は以下の3つ
・均等配置
・反転
・beginGradientFill に必要なグラデーション情報の出力(一部のみ)

どういうわけか、ステージに配置しているグラデーションなシェイプを選択状態にしないと機能しません。
それとできればグラデーションの変形(特に回転)を数値入力できるようにしたかったのですが、何故かJSFLからは塗りの変形が反映されないバグという名の仕様があるようで断念しました。

他にもこんな機能が欲しいっていうのがあればドシドシお寄せください。

2007年07月24日

FlashCS3拡張 EachTransformer バージョンアップ

複数シンボルについて座標を固定したまま変形を適用する拡張機能 EachTransformer に、変形の基準点を中心点に設定する機能を追加しました。
パネルの右下にそれっぽいボタンを置いてあります。

ダウンロード

と、これだけじゃ意味が分かりづらいのですが要するにシンボルを選択したときに出てくる基準点マーク ○ をダブルクリックした時と同じ処理をボタン一発で、かつ選択中のシンボル全てに対して行う機能です。
地味ですがかなり役に立つ、と思います。

残念ながら拡張機能の仕様上 FlashCS3 限定。


[追記]
mxp生成時にエラーがあったのか、バグverをそのままアップしてたようです。
先ほどリリースverをアップしなおしたので、すでにダウンロードしてしまってた人は再度ダウンロードしてください。

2007年07月05日

EachTransformer公開

Flashの変形パネルで複数のシンボルをまとめて変形しようとすると、グループとして扱うのか妙な変形をして全く使えなかったので、ひとつひとつ処理できるような拡張機能を作りました。
具体的には各シンボルの座標を固定したまま変形を適用できるようになります。

ダウンロードはこちら

ただし、今のところFlashCS3対応です。
傾きや回転を直接変更できるプロパティがFlash8以前ではなかったので後回しにしましたが、普通に需要がありそうなのでFlash8でも動くように作り直す予定。

たとえば複数シンボルを選択した状態で縦横比 150.0%, 50.0% &傾斜 20.0°, 40.0°で変形をかけてみると

これが

こうなります


使用方法などは Extension Manager の説明欄に書いてあります。
特に難しくないので、是非使ってみてバグレポートをばw