メイン

2008年05月22日

ぴたごらったー改良

twitterのcrossdomain設定が変更になって以来、全く機能しないまま放置していたぴたごらったーですが、自分のアカウントをこっそり拾ってくることもできなくなっているので、対応ついでに改良を加えてみました。

たとえば munegon がfollowしているユーザのアイコンを降らせたいなら
http://www.voidelement.com/pitagoratter/munegon

といった感じで、末尾にアカウントを付加することで任意のユーザの友だちアイコンが最大100個降り注ぎます。
特に何も付けない場合は公開タイムラインのアイコンになります。

それ以外は特に変わってません・・・機能追加しようにもBox2DFlashAS3がまたバージョンアップしちゃってるし・・・

2007年12月27日

ぴたごらったー

クリスマスの惨劇!?に引き続き、Box2DFlashAS3の習作第二弾です。

ぴたごらったー

Twitterにログインしている状態でアクセスすると、友達のアイコンが山のように降ってきます。
最終発言時刻に応じてアイコンの大きさが変わるので、アクティブユーザがなんとなく分かる感じ。

ステージをドラッグするとラインを描画、シフトキーを押しながらだと円を描画できます。ツールボタン群を用意しました。
パチンコっぽいものを作ったり、特定のアイコンを閉じ込めたり。
配置しなおしたい時は、オブジェクトをクリックで消し消し。

隠し機能的ですが、マウスホイールでFPS調整ができるのでスローモードでもお楽しみいただけます。
どうもFirefoxでは機能してないみたいなので、IE推奨ということで(IEの方がそもそも動作軽いし)

スピードメータを追加しました。クリックで変えられるのでお好みの速度でお楽しみください。

将来的にはオブジェクトごとに摩擦係数やはねかえり係数を設定できるようにする予定。
アイコンの色とかユーザの発言内容を反映させるのもありかなと。

2007年12月15日

Twitter弾幕シューティング「Bulletter」作った

Twitterの発言を弾幕生成器としてあれこれしてみました。

Bulletter


やりすぎ感は否めません。
東方風に仕上げたので、操作周りもなんとなく踏襲。
カーソルキーで移動、Zで攻撃、Shiftで低速移動ができます。
やられても特にペナルティなし。


時間が確保できず、年内公開が危ぶまれたので完成度5割ながら公開することにしました。
生成パターンが少ないのは仕様ですが、ちょっとずつ増やしていきます。
理想としてはスペルカード名が発言に含まれていると……あくまで理想です。
ボムだとかスコアだとかそういうのは余裕ができたらつけると思います。


たまに緋蜂みたいなひどいのがくるので環境によっては激重になりますが、as3をもってしてもこの辺がflashの限界ラインかなと思います。

2007年09月24日

twitterのアイコンとレッテル

twitterではアイコン選定に相当気を使わないと、あらぬレッテルを貼られかねないよと言ってみる。


各発言には必ずアイコンがついてまわるのだけれども、大勢の発言がずらーっと並んでいる中をアイコンで識別することが多いからなのか、長く利用しているとまるでアイコンそのものが発言しているかのような気がしてくるから困る。
アニメキャラなアイコンなんかが特にひどい。
どうもアイコンに対する印象がそのままその人の印象になりかねなくて、利発そうなキャラのアイコンにしている人は利発なんだろうなといつの間にか思ってたりする。
特に発言数の多い人はそう思われてる傾向が高いんじゃないだろうか。
メッセンジャーだと基本1対1なのであまりそういう気にはならないんだけど、twitterはちょっとひどすぎる。


ということで、モテたい人は見た目モテそうなアイコンにしておけばいいんじゃないかな。
逆に異性キャラのアイコンは超危険!?
有名人など実在する他人の写真はちょっと例外っぽくてよく分からない。
英数字のみで構成されるアイコンは超無機質で、妙な印象を持つことはまず少ない。
動物なアイコンも意外に無機質で、何故かあまり印象に残らない。
自身の顔写真はある意味正解、ある意味不正解、でもきっと一番無難。
ちょっとこの辺、みんながどう感じてるか知りたい。


ちなみにちょっと前までは娘に大仏マスクをかぶせた写真をアイコンにしてたんだけど、大仏顔があまりにアレだったので今は飼い猫の写真。
当時どういう風に見えてたんだろうか・・・

2007年08月27日

ブログパーツ TwitterConsole を作った

3年前に作った遺産、ダイアリーマトリックスを何かに使えないかと思ってTwitterのログを流し込んでみたらカオスなことになったので、せっかくだからブログパーツにしました。








そのまんまだとアレなので、papervision3dでパースかけてみたり色んな意味で実験作。
Twitterの発言って横文字がどうしても多くなるので縦スクロールを省いた結果、ニコニコ動画っぽくなったのをパースをかけてごまかしたという説もあります。
単調にならないよう角度をある程度ランダムに振っていますが、ステージの四隅に欠けが出ないようにしつつビットマップのサイズを抑えるのがめちゃくちゃ苦労したという裏話も。

デバイスフォントをビットマップ化したりフェードアウト仕込んだりパースかけたりでめちゃくちゃ重くなってるので、このままじゃちょっと配布するのは忍びないかなといったところです。
もう少し軽くできるとは思うので、最適化が終わったら正式に配布しまっす。

2007年05月29日

TwitterClockバージョンアップ

TwitterClockをバージョンアップしました。

ダウンロード(AIRになって互換性がなくなったので一旦公開終了)

[変更点]
・読み込むデータをXMLからJSONに(アクセスがめちゃくちゃ早くなった)
・メアドを通すためにわざわざスクレイピングしてたのをやめた(API仕様書ちゃんと読んでなかった)
・タイムラインを消すタイミングを、読み込み前ではなく読み込み後に変更。


前回のエントリでソース公開するとか書きましたが、微妙に直したいところがあるのでもう少し待ってください。


ところで、airファイルを直接ダウンロードしようとすると何故か勝手にzip形式でダウンロードしてたことがあったんだけど、あれは何だったんだろう。
詳しいことは知らないけど、swcみたいに中身はただのzipなのかな。
となると、Apolloランタイム入れてない人にはちょっと不親切な気がする。

2007年05月16日

Twitterで盛り上がったAS3フレームワーク談義のログまとめ

すごく楽しかった Flash 談義のログをまとめてみたよに引き続き、TwitterでまたひとつAS3についての話が1~2時間ほど盛り上がったのでログをまとめてみました。

話の方向別にグループ分けしつつ、それぞれの時系列は保持してあります。
全体の構成など勝手ながらてっく煮のエントリを参考にさせていただきましたが、ログの読み方などはそちらを参照してもらえればと思います。




■ AS3のメンテ性と再利用性

fladdict: AS3ウザスに追記した http://tinyurl.com/2gqfdk 微妙に釣り風味

psyark: @fladdict メンテは無くても再利用はあるよー!と、釣られてみました

beinteractive: @fladdict 俺みたいな人が差を埋める努力をしなきゃいけないと勝手に思ってます

munegon: @psyark 確実に再利用できるクラスならいいけど、絶妙な仕様変更で案件ごとに違うファイルができあがったりしてw

fladdict: @beinteractive そんなこと言われると超期待しちゃう

psyark: @munegon そうならない努力を俺がしたい(有言不実行w)

beinteractive: @fladdict ASerとFLASHerの両方の気持ちがわかる人はなかなかいないと思うので。。

beinteractive: @fladdict FLASHerな人を応援したい!


■ フレームワークの認知度について

munegon: @fladdict フレームワークとかそういった他人が作ったものを平気で組み込んで使う人って FLASHer には少ない気がしてならない。なんとなくだけど。

fladdict: @munegon 現状そうだけど、AS3になるとそれじゃあかなり辛いんじゃないかなぁと。

trickstar_os: @munegon それは今までのAS1,2の再利用性が著しく悪かったからだよ。

fladdict: 一番大変なのは、これからFlashを憶えようとするデザイン系の人はどうなるのか?ということ

fladdict: 変数って?みたいな人にAS3を最初に教えるのは辛い

beinteractive: @munegon フレームワークとかswcとかそういう概念自体よくわからない人が多いのでは。

Saqoosha: @munegon おいらの周りのFlasherをみてるとそもそもそういうものの存在をしらにゃいかったりする。

mainyaa: @fladdict 最初はMX2004とか使って教えるほうがいいかもしれないですねぇ

fladdict: かといって、まずAS2教えたら、もうAS3は絶対やらなそう

cellfusion: @Saqoosha たしかに存在自体を知らない人って意外と多いですね。

beinteractive: @trickstar_os 確かに。再利用という風潮が超薄かった。

whitebase: @fladdict AS3だからこそコピペ&インポートが楽になるのでは?

Saqoosha: @cellfusion フレームワークはフレームワークで学習コストがかかるしね。


■ 国内では配布物を利用する人が少ない?

nium: Flash自体を拡張できるmxpですら流行ってないので、ASパッケージとか存在を探そうとする人いなそう・・・

mainyaa: @nium ですねぇ。。。

whitebase: @nium mxpがはやんないのは日本語ドキュメントがあんまないからかね

nium: @whitebase 作るのは敷居が高いから分かるんですけど、使うだけの人も増えなかったな~と

psyark: @munegon 再利用性もそうだしそもそも配布物のクオリティがゴニョゴニョ<今まで

munegon: @nium 国内でオープンな風潮が生まれない限りは難しそうですね(結局そこにいきつくのか)

psyark: navigateToURLを自前getURLでラップするのは簡単にできる。逆は大変。今まではキャンプファイヤーしかできなかった。今後はどちらもできる。

mnr: 8の時のスクリプトアシスト復活が全てを物語ってたような気がしてたんやけどなぁ・・・


■ Adobeの展望

trickstar_os: @fla Adobeはプログラマとデザイナの住み分けをはっきりさせて、デザイナがコーディングしなくてもいい方向に持っていこうとしてると思う

munegon: @trickstar_os デザインとプログラム兼業してる人にとっては、あまり分離しすぎるのもってのがあるかも…ボタンアクション然り。 やっぱ大規模案件向き。

trickstar_os: @munegon Adobeが見てるのは人ではなく企業ってのは間違いない。

beinteractive: デザイナー向けのはずのFlashからシンタックスシュガー的なものが減ったのは痛い。


■ ライブラリ作例集の必要性

fladdict: ようはライブラリ使えば速いしすげーって感じの作例が色々でればいいのかな

psyark: @fladdict そして粒度小さい方の恩恵も誰か分かりやすく見せられると良いですね。俺か!w

nium: @fladdict 見た目から入る人は、ライブラリの説明見せるより「コレを使えばアレが簡単にできるんだ!」のが早いですね。

nium: ライブラリ×実績&作例のリンク集は、Sparkでも色々話してたとこですね

munegon: @nium Progression も Flex2 勉強会のプレゼンで初めて知った&興味持った人が多いでしょうしね。

nium: @munegon あれだと、ほとんどの人が3Dプレゼンツールと思われたっぽいですね(汗

fladdict: progressionは次、小~中規模のAS3仕事あったら使ってみたい

nium: @fladdict 横に座って手取り足取りレクチャーしますよっ!

munegon: @nium 確かに(汗 でも認知されないことにはどうしようもないので、いっそのことプレゼンツールとして前面に押し出すのもありですよw

nium: @munegon コンテンツの複雑さとProgressionの威力は反比例するので、簡単なものを作ると冗長になる・・・

nium: @munegon プレゼン資料のようなリニアな構造だと遷移制御には微妙ですねwブラウザ連動が便利なくらいかな

munegon: @nium サイト全体を制御するものを導入すると小回りが利かなくなるんじゃないかという不安から導入をためらう人が出てくるので、そういうのをサンプルでどこまでフォローできるかですね。

fladdict: まぁパーマリンク作れるんだぜいいぇーい大量生産されれば、なにかしらのフレームワークはみんな導入せざるを得なくなってくる気が


■ まとめ

これだけ中身のある話してるのに、@flaつけて発言してる人がほとんどいなかったのが印象深かったですw
とにかくフレームワークにせよ単体クラスにせよ、誰かが先頭に立って作成&テストしながら作例集をガンガン作っていかないことにはオープンな土壌が育たないのではと思います。
公開するメリットがあまりないというような意見もよく耳にしますが、まわりに人が集まるということが何よりもメリットではないでしょうか?

AS3は難しいというイメージをなんとか払拭していきたい、そう強く思った一日でした。

2007年05月13日

TwitterClock 其の弐

公開時のエントリの追記でちょろっと書いた、ランダムジャンプ機能を付けました。
特定のタイムラインを右クリックして Random Jump 項目を選ぶと、そのユーザの友達の中からランダムに選ばれたユーザのタイムラインを表示します。
それから、アカウント入力フォームにメールアドレスも通るようにしておきました。


ダウンロード(AIRになって互換性がなくなったので一旦公開終了)


以下、駄文&補足。
Twitter検索TwitterPodなど、便利なツール群はほぼ出揃っている感じでそんなところで勝負をかけるのはあまり意味がありません。

TwitterでのFlash談義でも「Flashらしさを心がけておけばなんとかなると思う。同じ土壌で勝負は避けるってことで。」と発言したのですが、ばりばりのFlasherはサーバサイド技術をはじめとしてコアな技術周りは不得手であったりすることが多いです。
その分、インタラクティブで刺激的な表現には普段から着目していることが多いので、そういったアイデアやノウハウを前面に押し出してやっていくのがFlasherとしての使命なのではと考えています。


ということで、ちょっと言い訳くさいですが利便性には劣っているのは作った本人が一番自覚しています。
アナログ時計ライクにタイムラインを配置する時点で重なって読めないなんてのは自明なので、ひとりひとりのタイムライン配置パターンから何か読み取れたら面白いかな、程度のアプリってことでひとつよろしくお願いします。
ちなみに60秒ごとにオートリロードに設定してありますが、ランダムジャンプで飛んでいた場合はオートランダムジャンプが発動するので、一度ジャンプした後は放置しておくとどんどん渡り歩いていきます。


--今後の予定--
ソース公開する
・午前と午後の区別くらいは色か何かで識別できるようにしたい
・友達を登録していないユーザに飛んだらそこで終わってしまうのをどうにかする

2007年05月08日

TwitterClock

Apolloの習作がてら、Twitterのタイムライン一覧をグラフィカルに表示するためのクライアントアプリ TwitterClock を作ってみました。(AIRになって互換性がなくなったので一旦公開終了)

友達のタイムラインをアナログ時計ライクに並べて表示します。

twitterclock.jpg


表示エリアのリサイズ・移動には Tweener を使いました。
最新20件という仕様上、友達が多いとほとんど一箇所に固まって表示されてしまいますが、拡大表示したいエリアをマウスで範囲選択することができます。
あまり拡大しすぎるとレイアウトが崩れるのでご注意をば。
また、シフトキー押しながらドラッグすることで画面全体をスクロールすることができます。

その他の機能として、各ユーザのタイムライン上で右クリックメニューからそのユーザのタイムライン一覧またはそのユーザの友達のタイムライン一覧に飛ぶことができます。
ユーザタイムラインを眺めていると、出社時間とか更新頻度とかその人の一日が見えてきて楽しいですが、負荷対策とはいえ20件しか拾えないのが惜しい。

最初に友達リストだけ拾ってきて、全員のユーザタイムライン拾ってくれば賑やかになるんだけどさすがにやばそうだから自粛中。


[関連エントリ]
TwitterClock其の弐
TwitterClockバージョンアップ

--追記--
自分も含めほとんどのユーザは友達のタイムラインがほとんど一箇所に固まってしまうため、いっそ思い切ってユーザ単位のタイムラインに絞った方がいいかも。
そして、そのユーザの友達からランダムに飛んでいくボタンをつける、と。
むしろ一定時間でランダムにユーザを渡り歩いていく機能をつければ、スクリーンセーバーっぽくなるし悪くないですね。